· 

起業後、最初のオリジナル製品

起業後、最初に手掛けたのがメタルカップ。

売れるものを作るのでは無く、今の市場に無いモノを作って行く。

それが小さな専門店のブランディングだと考えシングルカップと十文字カップ(世間ではWカップとか言うのかな?)の極粗番手を製作しました。

 

今の国内一般市場にあるコンクリート研削用カップホイールのダイヤの粒度は、ほとんどが同じです。これはダイヤモンドカッターにおいても言えることでしょう。。

作る方も(メーカー)も色んな意味で簡単ですから(笑)

 

20年過ごしたメーカー勤務で感じ、考えたことを手探りでモノづくりを始めた、思い出多き商品です。。

 

92Φドライカップ。92Φ十文字カップ。 粒度:#16。